健康サポート

新型コロナワクチンQ&A

Q1 新型コロナワクチンを接種すると、感染していなくてもPCR検査や抗原検査で陽性になることはありますか?

いいえ、新型コロナワクチンを接種しても、感染しているかどうかを調べる検査(PCR検査や抗原検査)で間違って陽性になることはありません。
検査では、新型コロナウイルスの遺伝子やたんぱく質を見つけようとしますが、それらはワクチンに含まれている遺伝子や、ワクチンの作用で体内で作られるたんぱく質とは異なるからです。

一方で、過去に新型コロナウイルスに感染したことがあるかどうかを調べる検査(抗体検査)では、ワクチン接種で体についた免疫が抗体を作るため、陽性になる可能性があります。いずれにせよ、新型コロナワクチン接種を受けたために、新型コロナウイルスに感染していると間違って診断されることはありません。

Q2 新型コロナワクチン接種後の痛みや熱を予防するため、解熱鎮痛薬を前もって飲んでおいた方がよいですか?

新型コロナワクチンの接種前に、副反応の予防目的で解熱鎮痛薬を服用するのはやめた方がよいでしょう。米国疾病予防管理センター(CDC)は、ワクチンの効果への影響がわかっていないため、服用は推奨できないとしています。理論的には、解熱鎮痛薬の事前内服は免疫反応を鈍らせ、ワクチンの効果を低下させる可能性もあります。接種日の前夜や当日に熱が出た場合には、解熱鎮痛薬を飲んで接種を受けるのではなく、接種を延期してください。

一方、ワクチン接種後に出た痛みや熱を軽減するために、市販の解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン、イブプロフェンなど)を使うことは可能です。厚生労働省もホームページで、ワクチン接種後に熱が出たら必要に応じて解熱鎮痛薬を服用し、様子を見るよう案内しています。


このコーナーでは、新型コロナウイルスワクチンに関するQ&Aを毎週2題ずつ掲載していきます。
Q&Aは書籍『日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100』からの転載です。


ページの先頭に戻る




季節の健康トピック

(2021年10月8日更新)
秋口など季節の変わり目に増える抜け毛

病気と治療の基礎知識

(2021年10月15日更新)
更年期障害

カラダに効く食材

(2021年10月1日更新)
シイタケ◎コレステロールと血圧の低下に効果


リンク

サイトマップ

お問い合わせ

医療法人 花房医院

〒616-8057
京都市右京区花園木辻南町28-2

JR嵯峨野線「花園駅」
徒歩10分

電話:075-462-0711
FAX:075-462-3027
診療時間
平日
午前9:00〜12:00
午後17:30〜19:30
休診日
木曜/土曜午後・日曜・祝日

詳しい地図を見る