健康サポート

病気と治療の基礎知識

更年期障害

日本人女性の閉経年齢は50歳前後といわれていますが、その前後に現れる、自律神経失調症に似た症状を更年期症状といいます。さらに、症状が重く、日常生活に支障を来す状態を更年期障害と呼びます。卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することによって、様々な症状が現れます。

更年期障害の症状としては、ほてりやのぼせ、汗が出るなどのほか、めまいや動悸が見られることもあります。また、頭痛や肩こり、疲れ、身体の痛みなど、更年期障害と気付きにくい症状が多いことも特徴です。気分が落ち込んだりイライラしたりして、情緒が不安的になることも少なくありません。

こうした症状が他の疾患によるものではなく、更年期障害によると診断されると、ホルモン補充療法などが行われます。ホルモン補充療法は、減少したエストロゲンを補う薬物療法で、飲み薬や塗り薬、貼り薬など、患者の状態に合わせた薬剤が用いられます。また、更年期障害の様々な症状を抑えるために、漢方薬が使われることもあります。

このように従来、更年期障害は女性特有の病気と考えられてきました。ですが最近では性別を問わず、40歳代以降に現れる、ホルモンバランスの乱れからくる体調不良や情緒不安定などの症状を、まとめて更年期障害と捉えることが一般的になりつつあります。男女ともに更年期障害は、うつ病に似た症状を呈することが少なくないため、適切な治療を受けることがより大切になります。


ページの先頭に戻る




季節の健康トピック

(2021年10月8日更新)
秋口など季節の変わり目に増える抜け毛

新型コロナワクチンQ&A

(2021年10月15日更新)
新型コロナワクチンを接種すると、感染していなくてもPCR検査や抗原検査で陽性になることはありますか?

カラダに効く食材

(2021年10月1日更新)
シイタケ◎コレステロールと血圧の低下に効果


リンク

サイトマップ

お問い合わせ

医療法人 花房医院

〒616-8057
京都市右京区花園木辻南町28-2

JR嵯峨野線「花園駅」
徒歩10分

電話:075-462-0711
FAX:075-462-3027
診療時間
平日
午前9:00〜12:00
午後17:30〜19:30
休診日
木曜/土曜午後・日曜・祝日

詳しい地図を見る